結婚後に発覚した夫の正体

清潔な女性
結婚してから私は「騙された」と考えました。

結婚するまで夫はすごくいい彼氏でもう万全なあるべき姿の人だったのです。

今風でいつもクールさのあるステキな彼はあるべき姿の男性像だと考えました。

だから私は命懸けで彼の心をこちらに向けられるようにと頑張ったし、結婚するまでの数多く努力しました。

好かれる努力は誰よりもしてきたと思うのです。

けれどもたとえて言えばパーフェクトと思っていた彼と結婚してからやっと彼の本質に気づいたのでした。

彼はいつもパーフェクトに見えていたんですけど、これはすべて彼の身内の努力の賜物だったのです。

結婚したら突然衣装が地味になって、更に必要ない毛もボーボーに生やしています。

実際まで服から見える必要ない毛がすごく少なくて、清々しいな感触だったのに台無しです。

以前までのキラキラした佇まいが無くなっていました。

しかもその事について何気なく夫に聞いてみたら、現在まで整髪や衣装などは母や姉がやってくれたみたいなんです。

早くお嫁さんを作って結婚してほしかった義理の母と義理の姉は一生懸命彼を一流の男っぽくしていたのでした。

「騙された」と言う意識がすごく強くていまだに慣れません。

ただ騙された私も悪いですから、万全じゃないこの夫を支えて行きたいと考えました。

彼は彼です。

おっしゃる通り現代的では全然クールさなく必要ない毛を生やしっぱなしにするけど、でも私への愛は正真だし、私も諦めようと思っています。

なんとなく万全な目指す形の人って世の中にはいないのですね。

結婚してから良く理解いただけました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です