育児のストレス解消 ナビ

最新情報

育児を実家でする

子育てを実家でしようと考える人もたくさんいます。実家が遠いならば無理がありますが、通える距離ならば甘えてみるのもよいでしょう。
初めて出産する女性は、育児の大変さは想像できないと言います。しかし、実際に経験してみると、いかに大変なことかを理解するのです。
子育てのストレスを軽減するには、周囲のサポートが欠かせません。自分だけで対処していて壁にぶつかったときは、迷わないで実家に頼ってみましょう。
子育てといえば、多くの人たちはストレスを連想するようです。しかし、実際にはスタミナも必要なのです。
子どもをだっこしたり、おんぶしたりするだけでも、かなりのスタミナが必要となります。ただでさえ産後はスタミナが減っているのですから、すぐに育児が始まれば、相当なストレスがかかるのは間違いありません。
自分から実家に行くのが無理なときは、母親を呼ぶのも1つの方法です。事情を話せば、納得してくれることが多いはずです。
健全な育児のためには、母親のスタミナと精神力が必要です。体がダメージを受けている状態で子育てをしようとしても、イライラしてうまくいきません。
負担が大きいようならば、週に何度か子どもの面倒を見てもらうようにし、その間に気分転換をするのがよいでしょう。子どもにとっても、おじいちゃん・おばあちゃんと接するのはいいことです。小さいうちは、いろいろな人と接するようにしたほうが、人見知りをしない子になるというメリットもあります。

ベビーマッサージとは

小さな子どもとのスキンシップのことを、ベビーマッサージと呼んでいます。育児をするうえで最も避けたいのは、母親の負担が重たくなることです。
ストレスを感じながら子育てをすると、イライラ・カリカリすることが多くなるはずです。こうした感情は、子どもが敏感に感じ取ってしまうのです。
子どもは、頭を使って何かを考えることは少ないですが、直感力は非常に優れています。大人でも分からないことを感じ取ってしまうので、子どもだと思って軽く考えるのはよくありません。
ベビーマッサージを行えば、子どもだけでなく、母親のストレスを静めるためにも役立ちます。本格的にベビーマッサージをしたいなら、ネットの情報サイトを確認するのがよいでしょう。ここでは、どのようにしてマッサージをするのかが具体的に書かれています。
ベビーマッサージをマスターすると、子どもの考えていることが伝わるようになると言います。互いの気持ちを共有できれば、効率よく育児のストレスを軽減できるでしょう。
気持ちに余裕ができれば、子育てをするための自信も湧いてくるでしょう。子育てがうまくいかない理由には、母親が育児への自信をなくすことも関係しているのです。
子どもと母親の気持ちを通じ合わせるためには、ベビーマッサージが効果的です。専門の教室を利用すれば、ベビーマッサージについて詳しく指導してくれます。本を読んでも分からないときは、実際に習いながら覚えるのが一番でしょう。

育児ノイローゼとは

育児ノイローゼとは、子育てによって発生する精神的な疾患です。気力が著しく低下し、何もしたくなくなるのが特徴です。
ノイローゼに至るには、長い期間がかかります。すぐに発症することはなく、少しずつストレスが溜まっていき、飽和状態になったときに表れるのです。
こまめにストレスを解消していれば、ノイローゼになることはありません。しかし、周囲に相談できる人もおらず、自分の殻に閉じこもってしまうと危険だと言われています。特に、すべてを自分で解決しようとする人は注意です。
育児の負担を減らすためには、一時保育の施設に子どもを預け、その間にショッピングをしたり、映画を見たりするのがよいでしょう。一時だけでも子育てから開放されれば、気持ちをリセットして頑張れるようになります。
自身がノイローゼになってしまったときは、早めの対処が求められます。周囲の人に相談して助言をあおぎ、早急に行動に移しましょう。症状が重度だと、医療施設での処置が求められることもあります。

■ノイローゼにならないために
自分の時間を確保することが最も重要です。ショッピングや映画を楽しんだり、エステサロンで美を磨いたり、自分なりの時間の楽しみかたを見つけましょう。
育児ストレスを解消させるためには、自分の時間を持つことと、十分な睡眠を取ることが大切です。時間が確保できないときは、一時保育を利用したり、両親に子どもの面倒を見てもらったり、臨機応変に対応しましょう。

電話カウンセリングで育児ストレスを解消

電話カウンセリングを活用し、育児ストレスを軽減しましょう。子育てからくる悩みは、自分だけで解消するのは困難です。必ず誰かからのサポートが必要となるので、相談相手を見つけて悩みを打ち明けるべきなのです。
電話カウンセリングは、子育てからくる悩みに対し、適切なアドバイスをしてくれます。アドバイスをしてくれるのは、専門のスタッフなので、どんな悩みにも対応してくれます。

■電話カウンセリングの料金
市・区などで実施している場合、料金はかかりません。それ以外では、9000円(60分あたり)というように料金が設定されています。

■匿名で相談できる電話カウンセリング
電話カウンセリングのなかには、匿名で相談できるところもあります。気楽に相談したい人は、個人情報を教えることなく利用できるのでオススメです。電話カウンセリングを活用すれば、上手に気持ちを整理できるでしょう。
育児ストレスは、放置しておいて解消することはありません。誰かに悩みを打ち明けなければ、どんどんストレスは増幅していくでしょう。ノイローゼになる母親の多くは、育児の負担を上手に軽減できないようです。
電話カウンセリングは、面会して話すのが苦手な人にも適しています。電話で話を聞いたり、受け答えをしたりするだけなので、問題なく利用できるでしょう。
子育ての負担を軽減するためには、早めの対処が必須となります。考えるよりも早く、周囲に相談するようにしましょう。

夜泣きのストレスを解消させる

育児のストレスはさまざまですが、特に困るのが幼児の夜泣きでしょう。まったく夜泣きをしない幼児は少ないのです。
母親の睡眠不足の一番の原因は、子どもの夜泣きにあるようです。睡眠にはストレスを解消する役割があるので、熟睡できない日々が続けば、精神的にも苦しくなるはずです。
しかし、子どもの夜泣きはそれほど長くは続きません。子どもの一生のうちの、わずかな期間に限られるのです。そう考えて気持ちを楽にできれば、自分の負担も軽くなるでしょう。

■睡眠不足を解消するには
大人の場合の睡眠時間は、6時間以上は確保するべきだと言われています。子どもの夜泣きで睡眠時間が短くなるようならば、子どもの生活に合わせるのが一番です。
例えば、子どもが昼寝をするときは、自分も昼寝をしてしまうのです。昼間に寝ておけば、夜泣きからくるストレスも軽減されるでしょう。

■うまく手を抜く
育児の負担を軽減するためには、上手に手を抜くことも大切です。例えば、スーパーでの買い物を止めて、ネット通販を利用するなど、時間と労力を短縮する方法はたくさんあります。

■夫の助けを借りる
本来であれば、子育ては夫婦で行うべきものです。しかし、多忙な日本においては、母親が育児をするという考えが一般化しています。こうした現状が、母親のストレスを増加させているのです。
母親の負担を軽くするには、家族内で話し合って、各自の役割分担を決めることです。大きな子どもがいる家庭なら、子どもの力を借りてもよいでしょう。

家事をしながら育児をするコツ

育児は母親にとって多かれ少なかれストレスが溜まるものです。しかし、周囲に甘えてばかりいるのも困りものです。周囲のサポートを受けるのはよいことですが、自分なりに努力をしたうえでの話しです。
育児と同時に求められるのが家事です。「子育てを始めたから家事はしなくてよい」という考えは通用しません。家事をしなければ、健全な生活を営めなくなります。
家事と子育てを両立するためには、ストレスを溜めないことが先決です。そのためには、自分なりに気分転換の方法を取り入れるのがよいでしょう。趣味に費やす時間を確保し、ストレスが少ないうちに解消していくのです。
精神的に追い詰められると、自分だけで解決できなくなります。精神科や神経内科のお世話になることになるかもしれません。

■時間を有効に使う
自分の時間をいかに作り出すかが重要です。1日は24時間ですが、効率よくスケジュールを立てていけば、1時間以上は確保できるはずです。例えば、圧力鍋や食器洗浄機などを活用し、家事にかかる時間を減らす方法もあります。
また、大掃除を避けるために、こまめに掃除をするのも大切です。近ごろでは、インターネット通販も普及しているので、うまく活用すれば店舗まで買出しにいく時間が浮くでしょう。
自分の時間ができれば、気持ちにも余裕が出てくるでしょう。精神的に健全ならば、不必要なストレスを溜めずに済むでしょう。健全な育児のためには、母親が健康でいることが重要なのです。

育児日記を活用する

育児日記を書いている人もたくさんいるでしょう。子どもの成長を把握できるだけでなく、気分転換にもなります。自分に正直になって日記を付けることで、心の状態も把握できるでしょう。
育児をしていれば、子どもに対して腹を立ててしまい、ストレスが溜まることはめずらしくはありません。日記を付けていれば、自分の精神状態が分かり、どんなときにイライラするのかが把握できるでしょう。自身の性格を知ることで、子どもとの接しかたの勉強にもなるはずです。
また、周囲に相談できる人がいないときも、日記を書くのがよいでしょう。自分の気持ちを紙に書き出すことで、気持ちが楽になるはずです。誰にも見せない日記ならば、自由に書いても大丈夫です。
ただし、消極的な内容の文章ばかりを書いていてもダメです。育児はストレスが溜まりますが、楽しいこともたくさんあるはずです。何年か経過してから見直すことを考えると、消極的な内容ばかりでは寂しくなります。

■育児ブログ
ブログとはインターネット上の日記のことです。手軽に文章を書き、日本中に情報を配信できます。
子育てをしている人たちと情報を共有でき、コメントやメッセージをもらえることもあります。何よりも、同じ環境の仲間なので、互いに理解を得られやすいはずです。
ブログの書きかたは自由なので、文章だけでなく、子どもの写真を撮影して公開することも可能です。ブログを上手に活用すれば、子育てのストレスを上手に解消できるはずです。

育児ストレス度検定を活用する

「育児ストレス度検定」とは、子育てによるストレスを計測する検定です。かしこまった内容ではないため、遊びをかねて気楽に挑戦してみましょう。
やりかたは、10問くらいの質問に回答していくだけです。各質問に「YES」「NO」で答えていくと、どの程度のストレスが蓄積しているかが分かるのです。
最後にはコメントも出てくるので、何に対して注意すればよいかが理解できます。コメントを確認すれば、自分にかかっている負担の正体が分かるのです。
対策が分かれば、改善するのはそれほど難しくはありません。例えば、「夜泣きでカリカリする」「毎日飲ませるミルクを作るのが大変」など、各項目に答えていくことで、自分が何をするべきかが分かるのです。
検定を利用すると、大勢の人の意見も分かります。周囲の人たちの考えが分かれば、気持ちが楽になるかもしれません。自分だけで抱えていた問題も解消するでしょう。
育児で大切なのは、悩みを共有することです。検定をしたり、誰かと意見を交わしたりすれば、「自分だけが苦労しているのではない」と思えるはずです。
自分の世界に閉じこもってしまうと、周囲とのコミュニケーションも上手に取られなくなります。この状態は、育児をするうえでマイナスになり、子どもにも悪い影響を与えてしまいます。
検定の種類には、「ママのストレス度検定」もあります。どの検定も手軽に楽しめる内容なので、気分転換をかねて試してみるのがよいでしょう。

発達障害児との接しかた

子どもが発達障害児だという人もいるでしょう。発達障害児を育てるには注意力が求められます。それだけ、子育てのストレスも増加すると考えてよいでしょう。

■発達障害とは
近年になってから聞かれるようになりましたが、まだ一般的ではありません。発達障害は、「わがまま」「しつけがなっていない」などの印象を持たれることが多く、多くの人が間違った解釈をしています。こうした解釈が、育児の悩みを増幅させているのです。
周囲に発達障害の児童を持つ親がいるようなら、いろいろと意見を聞いてみるのがよいでしょう。貴重な情報が入手できるだけでなく、相手に対してもメリットがあります。

■周囲への配慮
発達障害児の子育てでは、周囲の人たちに悩みを打ち明けてみましょう。そうすることで、胸がスッキリして育児ストレスも軽減するでしょう。事前に相手に話すことで、自分の子どもが失礼な行動に出たときにも、大目に見てくれるでしょう。
発達障害は、生涯にわたって継続するものです。子どもが小さいときは、同様の環境を持つ人を見つけて交流を図ってみましょう。
専用の学校やサークルなどを活用すれば、みんなで悩みを共有できます。ほかにも、病院などの施設でトレーニングを受けるのもよいでしょう。
発達障害の子どもの育児は、ストレスが溜まりやすくなるので、場合によっては夫が休職し、子育てに参加するケースもあります。子育ての負担を軽減するには、多くの人のサポートが必要となります。

母親のストレスと子どもへの虐待

子育てから受けるストレスがピークに達すると、大変な事態につながることがあります。ノイローゼや幼児虐待などは、テレビでもよく放映されています。しかし、ここまでストレスを抱える人は少なく、多くの人は上手に悩みを解消しながら育児をしています。
子育ての悩みを解消するためには、誰かに相談したり、自分の時間を持ったり、気持ちに余裕を持たせることが重要です。精神的に追い詰められている状態は、イライラから虐待へとつながる要因なのです。

■幼児を虐待する要因
子どもへの虐待は、社会的なトラブルとして取りあげられています。虐待に至る背景には、育児のストレスが蓄積してしまうことが関係しています。
特に注意したいのは、完ぺき主義者です。何でも完ぺきを求める人は、少しでも育児をしていて失敗すると、人よりも大きな負担を抱えてしまうのです。
そのうえ、周囲に相談する相手がいなかったり、夫が子育てに無関心だったりすると、精神的な負担は増大していきます。自分の殻に閉じこもってしまうようになり、子どもに手をあげるようになるのです。
虐待と聞くと、手で叩くことをイメージする人が多いでしょうが、暴力だけではありません。子どもが傷つく暴言を吐いたり、育児放棄をしたりすることも虐待に入るのです。
子どもへの虐待を防ぐためには、子育ての負担を軽減することが第一です。もし、自分が他人の立場ならば、子育てに行き詰っている人を見たら、サポートしてあげるようにしましょう。